エアロパーツ購入前の注意点

LINEで送る

※エアロパーツ自体、下地処理、塗装作業することを前提に製作しているため、製作傷などが残っている場合があります。(除く:カーボン商品)

※カーボン商品は表面のツヤを保護するためクリア塗装することを推奨します。

※FRP製品の特性上、車種により隙間やズレが発生することがあります。塗装前に必ず仮合わせ作業を行ってください。

※塗装・加工後のクレーム、返品、装着時の不具合には応じかねますのでご了承ください。

※エアロパーツの車検に関して

純正バンパーへ被せて装着するリップスポイラーやハーフスポイラー(CROSS フロントリップスポイラーなど)は、特別な手続き無しにそのまま車検に通る場合もあります。

純正バンパーと交換するタイプのバンパースポイラー(CROSS STYLE バンパーなど)は、基本的に車検証の記載変更を行う事で車検に通す事が可能です。

しかしながら車検の基準についてはグレーな部分が多く、バンパータイプのスポイラーでも「そのまま車検に通った。」というケースも聞かれます。逆も然り。

エアロ パーツが原因で車検に通らなかったというケースでは、延長加工で極端に車高が低い、極端に全長をはみ出している、後付したカナードの角が鋭い為に人を傷つ ける恐れがある、取り付け方法が悪くガ タつきや脱落の恐れがあるなど、極端な理由がある場合が多いようです。

また一部のディーラーでは違法改造撲滅の為、独自に車検検査基準よりも厳しい基準を設け、その基準を満たさない車輌の車検を一切受け付けないという店鋪も あるようです。

このような場合、「別の車検取扱い業者に相談したところそのまま車検に通せた。」というケースもあるようです。

車検の基準には地域差などもあるようですので、お住まいの地域の車検取り扱い業者様やエアロパーツ取扱店にご相談される事をお勧め致します。

K-CAR Customized parts manufacturer